耐震補強工事とエコリフォームは世田谷の吉楽工務店
HOME
ホッとする家とは
地震に強い家
自然素材の家
断熱通気工法の家
どんな会社なの?
吉楽工務店の素顔・こだわり
職人からのアドバイス
会社案内
工務店お仕事奮闘記
お客様の声
施工事例
築15年からのリフォームポイント
無料耐震診断の流れ
15年からのリフォームのポイントって何?
失敗しないリフォーム方法
新しく家を建てるポイント
工事のご依頼からお引き渡しまでの流れ
失敗しない家作り
これからの家づくり
お問い合わせ

イメージ画像

これからの家作り    耐久等級3の住まい
住宅性表示制度における耐震性能の基準

 
サンプル画像



数百年に一度程度発生する地震力(東京で震度6から7)の1.5倍
力に対して倒壊、崩壊等しない程度
 
サンプル画像



数百年に一度程度発生する地震力(東京で震度6から7)の1.25倍
力に対して倒壊、崩壊等しない程度
 
サンプル画像


数百年に一度程度発生する地震力( 東京で震度6から7) に対して
倒壊、崩壊等しない程度



 
   耐震等級1相当の木造住宅でも、阪神淡路大震災クラスの地震に倒壊する恐れがあることが
   明らかになりました。
 
     これから家づくりを始める方には、夢やこだわりが、
     あると思います。永く暮らすマイホームですから目にみえる
     とろだけではなく、目には見えない『住まいの性能』
     にこだわった家づくりをご提案し家族のみんな様が
    『快適』『安心』『安全』に暮らせる家を耐震性、
     耐久性に自信をもってお薦め致します。

同じ地域でも地震の揺れは違います   地盤支持力の強度
表層地盤の違いによって揺れの大きさが変わってきます。
『表層地盤の揺れやすさ全国マップ』
その為、地盤を調査し地盤の強度を確かめる必要があります。
一般住宅場合は 表層の地盤改良( 軟弱地盤の土とセメント系固化材を 混合攪拌して固化させることで地盤強化と沈下抑制を図る事です)
小口径鋼管杭工法 (杭を貫入させ杭周辺の摩擦力と杭先端の 支持力、地盤の地耐力の複合作用により地盤の支持力増加と 沈下低減を図る工法の他、杭先端部に螺旋翼を取付けた杭を回転 させて大きな支持力を得る工法)などその地域特性や地盤調査を 基に最善の工法により地震よる被害を最小限に抑える最善策 をご提案致します。

『耐震等級3』相当の強さのヒミツ
「耐震等級3」相当で建てる家の強さのヒミツはどこにあるの でしょうか建築基準法に定められた耐震等級1と比べてみると その違いがよくわかります。 住宅の耐震性を高めるポイントは、『壁』『床』『基礎』の強化です。建築基準法では、 壁の量床の補強・基礎配筋等の仕様において、家の形状や大きさに かかわらず、一定の基準を満たせば良いという項目が多く、 きめ細かな補強策がとられていません。それに対し耐震等級3 相当の家づくりでは、家の形状や大きさに応じて 強度の不足を算出し、しっかりした補強 を行うため、開放的な空間であっても安心できる 地震に強い家を実現することができるのです。

資料3

資料4

資料5

資料6

資料7

資料8

各種お問い合わせ・ご相談

フッターテキスト

HOME地震に強い家自然素材の家断熱通気工法の家吉楽工務店の素顔・こだわり
職人からのアドバイス会社案内吉楽日記(ブログ)お客様の声施工事例
無料耐震診断の流れ15年からのリフォームのポイントって何?失敗しないリフォーム方法
建築の流れ失敗しない家作りお問い合わせ楽ち〜んりふぉーむ


Copyright(C)2010 Kichiraku. All Rights Reserved.