耐震補強工事とエコリフォームは世田谷の吉楽工務店
HOME
ホッとする家とは
地震に強い家
自然素材の家
断熱通気工法の家
どんな会社なの?
吉楽工務店の素顔・こだわり
職人からのアドバイス
会社案内
工務店お仕事奮闘記
お客様の声
施工事例
築15年からのリフォームポイント
無料耐震診断の流れ
15年からのリフォームのポイントって何?
失敗しないリフォーム方法
新しく家を建てるポイント
工事のご依頼からお引き渡しまでの流れ
失敗しない家作り
これからの家づくり
お問い合わせ

イメージ画像

失敗しない家作り
  • 母体解体
  • 地鎮祭
  • 基礎工事
  • 土工事
  • 完成


 

母屋解体
隣近所様へ解体工事をする訳のご連絡(私たちも工事着手3日前にご挨拶いたします)。
お施主様よりご挨拶されるとより丁寧です。

 
母体解体

 
新しく建てる家に使用したいものを事前に打ち合わせします。
例)照明器具、障子または解体中に発見した柱・梁など・・・

 

地鎮祭

1、敷地内建物外周にビニールの紐を使用し、確認できる様に地縄張りをします。 地鎮祭

2、神主さんは地元の神社にお願いすると打ち合わせも楽になります。
祭壇の配置は建物中心に置き、向きは南を正面に据えます。
地鎮祭

3、供え物はご自身で用意するすると安価です。若しくは神主さんにお願いします。(1万円位)
用意するもの
酒(御神酒)、米、塩、昆布、魚(お頭付)、野菜、果物、竹、砂は建設会社がご用意いします。

4、お施主様が行う儀式
祈願の流れ
盛砂に鎌入れ(設計者)→鍬入れ(お施主様)→鋤入れ(施工者)
の順で所作を3度行います。
玉串ほうてんは神主より玉串を受け取ります。 右手の甲を上に根のほうを持ち神前に捧げ軽く一礼。この様な所作もありますので一度練習すると良いですよ。

▲ページトップへ

基礎工事
地盤が脆弱である場合は地盤改良または杭工事を行います。工事着手前に必ず地盤調査を行います。こちらは必ず確認しましょう。また、ガス、給水、排水の桝の位置や引込み位置の確認が必ず必要です。(将来元栓の場所がどこにあるのか知っておく必要があります)

サンプル画像

地鎮祭終了後、神主より鎮め物(土地の神をしずめるために地中に埋めるもの)を受け取りますので、根伐り工事の際、建物中央に穴を掘って埋めます。

根伐り工事(建物の基礎を作るために地面に穴を掘ること)
サンプル画像 基礎底盤を地盤面より下げ建物に必要な耐力を出す作業です。GL-400まで下げます。
昔の建売住宅はコスト削減のため、非常に浅くしていました・・・。基礎工事は後からやり直しができません。施工図をよく確認して深さ、位置が間違っていないか注意します。

地業工事(建築を始める前に、地面をならし固めること)
サンプル画像 再生砕石+40-0を10cm敷設転圧した後、防犯フィルムシート0.2m/mを敷詰め建物に湿気が入り込むのを防ぎます。

コンクリート工事
サンプル画像 捨てコンクリート打設配合はFC18-18基礎の墨出に利用します。
省略する現場もありますが、精度の高い基礎を作るため省略しません。

基礎配筋工事(鉄筋コンクリート工事において設計図どおりに鉄筋を配置すること)
サンプル画像

ベタ基礎の配筋D13@200を使用し鉄筋を組みます。型枠との隙間は50cm空けてコンクリートの厚さを確保します。また捨てコンクリートの間は70cm空けます。配筋完了後、土台アンカーボルトとホールダウン金物をセットします。木造土台伏図と照らし合わせ寸法通りに設置します。

ベタ基礎耐圧盤のコンクリート打設工事
サンプル画像

設計基準強度に+3N/mm2が呼び強度です。外気湿度が低い場合はさらに補正値+3N/mm2必要です。
現場打設時にコンクリートの品質管理・検査を行います。
空気量、塩化物量、単位水量、スランプ値を測定して品質を確認します。

▲ページトップへ

木工事
プレカット図を事前に棟梁と打ち合わせし木軸の組み方を相談しスムーズに組み立てます。
上棟式は最近行わなくなりましたが木組や基礎の状況が良く確認できますのでなるべくなら行った方が良いと思います。

サンプル画像

▲ページトップへ

完成
サンプル画像

▲ページトップへ

各種お問い合わせ・ご相談

フッターテキスト

HOME地震に強い家自然素材の家断熱通気工法の家吉楽工務店の素顔・こだわり
職人からのアドバイス会社案内吉楽日記(ブログ)お客様の声施工事例
無料耐震診断の流れ15年からのリフォームのポイントって何?失敗しないリフォーム方法
建築の流れ失敗しない家作りお問い合わせ楽ち〜んりふぉーむ


Copyright(C)2010 Kichiraku. All Rights Reserved.