耐震補強工事とエコリフォームは世田谷の吉楽工務店
HOME
ホッとする家とは
地震に強い家
自然素材の家
断熱通気工法の家
どんな会社なの?
吉楽工務店の素顔・こだわり
職人からのアドバイス
会社案内
工務店お仕事奮闘記
お客様の声
施工事例
築15年からのリフォームポイント
無料耐震診断の流れ
15年からのリフォームのポイントって何?
失敗しないリフォーム方法
新しく家を建てるポイント
工事のご依頼からお引き渡しまでの流れ
失敗しない家作り
これからの家づくり
お問い合わせ

イメージ画像

15 年目からのリフォームのポイント

外装のポイント

■サイディング
窯業系サイディング、金属系サイディングの外装場合、シーリング材を併用して取付る場合がほとんどです。
サイディングが劣化又は汚れの付着が目立つ前にシーリング材の耐候年数を経過してしまいます。シーリング材の耐候年数は約15年程が目安なので、シーリングの打ち替えと共にサイディング材の高圧洗浄、吹き替えも合わせて検討して下さい。

■モルタル塗り吹付け塗装
クラック部分を長年放置していると、雨水の進入によりモルタル下地材を朽ちさせ、構造部材にも影響が出ます。
朽ちた木材は白アリの温床になります。クラック箇所はクラック部をUカットノンブリードのウレタンシール材、又は、エポキシ樹脂接着剤を注入する処置が必要で、吹き替え前に処置を行い、セラミック系又は、アクリル系の弾性塗料(塗料に粘りがありクラックの発生を抑制します。)にて吹付け塗装を行う事をお薦め致します。

■窯業系タイル貼り
一昔前のタイル貼りの材料と異なり、最近の外装タイル貼り材は高性能な樹脂が配合されている張り付けモルタル材で圧着張りするので剥がれに対して強度が上がっています。 タイル工事は職人さんの技量による差が大きく一部の建売住宅では東、西、南、北の外壁面に違うタイル職人が施工している住宅もあります。 このような場合は何処かしらで張付け施工時の不具合による剥離が生じやすく、剥離している部分からタイルのクラックを誘発し雨水の進入により剥離箇所の広げてしまう要因となります。 タイルのクラックが複数存在する場合は早めに調査を行い剥離からのタイルの落下に注意する必要があります

■外装に付着するカビ、藻
外壁、特に北面や日中も日が当らない場所に発生している場合がほとんどです。 これは、壁の内部で結露が発生し(内部結露)湿気により壁面にカビや藻が発生してしまいます。 一度付着したカビや藻の菌は誇りや雨水の成分を栄養源にし、藻は光合成により繁殖します。 壁内部の状況を確認し内部結露を引き起こす要因をさぐり、カビ、藻が付着した部分は漂泊し洗浄殺菌し高防カビ(藻)塗料を塗装する事を薦めます。

■屋根(屋根葺き材)のポイント
屋根は建物を1年中風雨や気候の変化から建物を守る役割がある為、不具合があれば雨漏れに直結し室内に被害をもたらします。 化粧スレート系は耐候性に優れていますが、欠け、ズレ、割れがあればスレートの差し替えや隙間に充填材を注入し補修する方法があります。 又屋根材を全面的に葺き替える場合は屋根断熱材の状態も確認し屋根通気も合わせて改修計画する事をお薦め致します。 金属系屋根材は錆、めくれ等がある場合、錆をスクレーバー処理し、防錆処置し再塗装(遮熱塗料をお薦めします。)金属系屋根材は直射日光による熱を吸収しやすく熱伝導率(熱の伝えやすさ)が高く、熱貫流抵抗が低い為、屋根の直下の階に不快な熱気がこもります。 その場合は、屋根に通気層を設け、又、高性能断熱材(70mm 以上)を敷き、棟換気をし、室内に計画換気を施す改修計画で快適な室内環境を得る事が出来、冷暖房の効率UP になります。

■バルコニー防水のポイント
★FRP 防水
ガラス繊維にポリエステル樹脂を含ませて強化した防水膜で軽量で優れた耐候性があります。硬い材質なのでキズに強くメンテナンス性に優れておりますので万が一のキズが生じてもその箇所を修復することも可能です

★塩ビシート防水
品質はメーカー保証が付き、信頼性があります。ただし接合部の剥がれ湿気によるシートの膨れなど下地の状態や断熱性の問題、防水職方の技量にも左右され5〜10年程で不具合が発生してくるケースもあります。
しかし不具合を目視で確認できる為、対処方法も比較的楽に検討できるメリットがあります。

内部のリフォームポイント
室内の環境は日頃から体に感じ易く、湿気やカビ臭、暑さ寒さなど不快な環境を体感しやすくリフォーム を考える上で環境改善はとても重要なポイントです。
この湿気やカビ臭、暑さ、寒さは断熱性能を高め、 計画換気を施工する事で快適な室内環境に変わります
一昔前はさはど断熱に対する意識が低く断熱材と言え安価で施工性も良いグラスウールで厚さも壁で50mm天井で75mmが一般的でした。
最近は新省エネ基準次世代省エネ基準の見直しにより、住宅の断熱性能の判断基準が明確になり住環境に対する意識が高まっています
断熱リフォームは壁、天井の仕上げ材、下地材を撤去しなければ改修が出来ない為同様の撤去作業が必要な耐震補強改修工事を合わせてリフォームの計画をお薦め致します。
コストは掛かりますがこの先15年、25年と住まわれる事を考えて計画する事が重要です。

■床
床鳴り、床の沈み込みの原因は根太の腐れ、根太折れフローリング接合部のひずみ、床の過度の傾斜です。
又水回りや日当たりの良い場所のフローリングは傷みや、コーティングの摩耗が早く対処が必要です。
フローリングは部分的に張替える事は可能ですが大工の技量に大変左右され、直した部分からの不具合の発生も見受けられます
大抵は一室フローリングの張替えを依頼される事が大多数を占めています。 一室張替えの場合は室内の敷居の納まりや框の納まりに注意し、床下地の補修、補強をして@フローリングの上に新しくフローリングを貼る増し張りA既設フローリングを撤去し張り替える場合があります
Aの場合は巾木の撤去も発生してきます。
また、フローリングの張替えと共に、床下の収納の検討や、床暖の検討もお薦め致します。

■間取りの変更
子供の成長や生活していく中で物が増え収納スペース不足のケースでは、採光、風通しに注意し腰高までの間仕切りや造り付け収納家具で子供部屋を仕切るなど最近とても増えました。
収納スペースの充実は既存の納戸の天井を高くとる場合、天井裏に納戸を設ける、広いリビングの一部に仕切り扉を設けるケースもあります
天井裏に納戸を設ける場合は昇降設備の位置も考慮し計画することが重要です。
また思い切って増築を検討する事もお薦めします。その場合は既設の壁を撤去する必要があり、構造上、大変重要な壁の場合がありますので、その際には、充分な耐震計画が必要です。
いずれの場合も事前に充分な計画を練り検討する事が大切です。

■キッチン、ユニットバス、水回り
15年位を向かえるキッチンやユニットバスは掃除しても汚れが落ちない、カビの繁殖、扉や引き出しのガタつき色艶あせ、などで新しいものへの検討を考える方が多いです。
また、キッチンは今までの使い勝ってに満足できずに対面式に変更したり、L型、コの時型に変更を検討する場合が圧倒的に多いです。
キッチンを新しくし、タイプを変更することによりLDKのイメージを一新してします効果があります。
システムキッチンのリフォームは部材を交換するだけのリフォームが可能です。
キッチンの天板を現在のステンレス製のものから人造大理石の天板に自由に交換が可能です。
これだけでも今までのキッチンが見違える程綺麗になります。さらにお客様のお好みの色、柄で扉、引き出しの造作して造り替えを行えば、真新しいキッチンに変更が出来ます。総取り換えよりコストも断然安価で出来ます。

失敗しないリフォーム方法はコチラ
各種お問い合わせ・ご相談

フッターテキスト

HOME地震に強い家自然素材の家断熱通気工法の家吉楽工務店の素顔・こだわり
職人からのアドバイス会社案内吉楽日記(ブログ)お客様の声施工事例
無料耐震診断の流れ15年からのリフォームのポイントって何?失敗しないリフォーム方法
建築の流れ失敗しない家作りお問い合わせ楽ち〜んりふぉーむ


Copyright(C)2010 Kichiraku. All Rights Reserved.